塗料を塗ることによって防水性を上げ、家の壁を保護して、雨漏り等を防ぐ役割があります。

断熱効果というのは、冬場は暖かく夏場は冷房効果を高める働きのことを指します。

遮熱効果のある材料と同時に使うことで効果を高めることができます。

ここまでいくと補修に必要な金額はかなりの高額になるため、外壁の異常が見られるようになる前にすぐに専門の塗装業者に見てもらい、見積りももらっておくと良いでしょう。

外壁の塗装は通常、塗膜の耐久年数が塗料により数年~十数年となります。

このようなことからおよそ10年に1回程度は塗装屋さんに状態を見てもらうと良いと思います。

そういう定期的な点検をしておくことで、大事な家の寿命を寿命を延ばすことにつながるのです。

外壁塗装を施工することに、デメリットは考えられません。

強引に挙げるなら、外壁塗装は永久的なものではなく、塗料によって数年~20年程度の間隔で塗り替えが、必要になることがデメリットと呼べるかもしれません。

とはいえ外壁を保護するために、塗装が最も現実的には有効な方法であるため、建築物を維持するために、必要なものです。

その方が効率が良く、安くついたという状況もよくあります。

外壁塗装は、できるだけ多くの塗装業者に見積り依頼をし、費用相場を調べておくなどの順部が大事です。

失敗しやすい最大の要因は、一社の塗装屋さんだけの見積もりで、相場を知らずに業者の言い値で外壁塗装をすることです。

一般的な相場を知らないままで、高い外壁塗装になってしまうことが多いです。

外壁の塗装は建築物の美しさを保つのはもちろん、外壁そのものを保護する大事な役割があります。

外壁を護り、防水性&耐久性を上げる塗料の機能によって断熱効果、遮熱効果や塗料の特性で雨で汚れを流れ落とす塗料も存在します。

当然外壁塗装は、外壁の耐久性を高めます。

一般的に使われる塗料は主に、耐久性の低いもの~耐久性の高いものという順に並んでいます。

外壁でよくある失敗は、外壁や壁そのものの劣化です。

使われている塗料の性能を超えて、外壁のメンテを怠ったことが原因で、外壁だけのダメージでは済まずに、内側の壁本体にまで劣化を及ぼす現象です。

そんな状態にまでなってしまうと、外壁塗装よりも前に、アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系の順です。

フッ素系塗料は多給力が優れており、風雨や直射日光に晒されて最も傷みやすい、屋根材の塗料として使用されるパターンが増えました。

今現在で外壁塗装に最も使われるのは、お値段と耐久性のバランスが良いコスパが優れたシリコン系塗料です。

外壁自体の素材によっては、水分に弱いものがあります。

直射日光による外壁表面や屋根表面の温度が上がるのを抑制する効果で室内の温度変化を軽減します。

夏場の冷房効果を高め、断熱効果の高い材料との併用で冬の温度も高く保ちます。

世に出てきてまだ歴史の浅い光触媒塗料や、とても細かい繊維のセラミック系塗料などは、外壁に付いた汚れを雨などの自然な流水で、自動的に洗い流すセルフクリーニング効果のある塗料も出現してきました。